「ほっ」と。キャンペーン

誰かと何かと関わって芽生えたもの、日々のささいな想いを写真と綴ります。Calgary - Vancouver-Inuyama,Aichi


by tropi-kana
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

ヤクシカのこと

ひさびさの更新になってしまいました。


さて屋久島でのお話をもうすこし。
屋久島の野生動物として代表的なものに、ヤクザルそしてヤクシカがいます。その名の通り、屋久島固有種のシカなのですが、この両者はとても密接な関係にあって、サルをおっていると、必ずどこかでシカに出会います。

 ご存知のとおり、猿は縦横無尽にうごき、そして木に登り、実や葉、昆虫などをたべるわけですが、このとき、地面には、青々としたやわらかい枝先、そしてサルがおとした果実などがおちてくるので、それはシカにとっても、魅力的な食べ物となり、サルたちのいる真下でシカたちもおいしそうについばむ姿もよく見られます。
 
 
あれは、森に通いだして3、4日目のことだったでしょうか。
ふと、横の方に誰かの目線を感じたような気がして、目を凝らしてみると、木々の幹のあいだに とても立派な角と、グレーの豊かなあごひげを蓄えた老齢の雄鹿でした。 
 ずっとこちらを見据えているその弓形の澄んだ瞳は、全てを見通しているような眼差しでした。 わたしが驚かすことのないよう、ゆっくり頭を下げるとくるっときびを返して、振り返ることなく谷間に姿を消しました。
  
  あの鹿に会ったのは、その時が最初で最後でした。
 

f0119023_20393740.jpg


*写真は別の壮年の牡鹿
[PR]
# by tropi-kana | 2007-11-06 20:41 | 屋久島

Following the monkeys..

 屋久島でサルを追っている毎日です。

正確にいうと、ヤクザル(ヤクシマザル)の行動生態調査を行っています。
 ヤクザルは屋久島固有種のサルで他の地域のニホンザルに比べて、一回りも二周りも小型な体型をしています。
 世界遺産に指定されている屋久島ですが、もちろん人も住んでいるわけで島全体が保護林として指定されているわけではなく、島の中心部にある山岳から三方に広がっています。そのひとつに唯一山頂部から海岸まですべて保護林として守られている斜面があり、照葉樹林の500平方kmのエリアが調査地である森です。
 そこに暮らす特定の群れと共に山を歩き、彼らの生態を調べるのです。

わたしは、霊長類研究者であるパートナーの研究に同行させてもらって、主に写真撮影でお手伝いをさせてもらっているのです。朝、空が白み始める頃に家をでて、20km程離れた調査地にスクーターで向かいます。だいたいの彼らの行動範囲はわかっているのですが、傾斜があり、沢も谷もある森の中で彼らを見つけるのは、簡単ではありません。
 
 立ち止まり耳を澄まします。

クゥクゥという群れを確認する声や、グゥォッという吼え声をきければ、そこに向けて急ぎます。
でも6時間も歩き回って、とうとう探し出せなかった日もありました。
 ここのサルは、人から餌付けされていない野生のサルです。人に餌をねだることもありませんし、何日か静かな観察者に徹していれば、まさに人畜無害な存在としてみなしてくれるようになります。
 
f0119023_1620129.jpg


 野生のサルはとてもしなやかです。

そして毎日、この群れについて山の中を歩いていると、40頭ほどの顔や性格、体調などもわかるようになってきます。

 それは こんどまた。
[PR]
# by tropi-kana | 2007-10-19 16:15 | 屋久島

Here we come!

 屋久島にきて5日目の夜を迎えています。

いろいろ いろいろ お伝えしたいことはあるのですが、インターネットにアクセスしづらい環境なので、また次回にゆっくりしたいと思います。

 屋久島の海も山もすばらしいです。
 みなさまもぜひ!!
f0119023_18355178.jpg



*わたしたちの家のすぐそばの海にて。
[PR]
# by tropi-kana | 2007-10-08 18:36 | 屋久島

へんか

長くしていた髪をばっさりいきました。
f0119023_14203996.jpg


突発的に、なんだか短くしてみたくなって。
思えば、10年くらいぶりかな、高校卒業する時から伸ばし始めたから。

軽くなった頭をぶんぶん振っていたら、
肩こりがすっきりした。

いいぞいいぞ。
[PR]
# by tropi-kana | 2007-10-03 14:22 | ひとりごと

石川直樹という人

同世代で尊敬する人のひとり、石川直樹さん。

f0119023_1559770.jpg


彼は数々の偉業を成し遂げている。やってきたこともそれはもう。とてつもないが、それを人々に伝える能力にも長けている。そんな石川さんのP2P(Pole to Pole) 北極から南極までスキーやカヤック、自転車などの人力でもって走破するという大プロジェクトの記録を読んだ。

この中で彼は、自分のことを冒険家などと呼ばれると穴があったら入りたい気分になるとさえいっている。しかし、わたしたちにとって彼らは紛れもない冒険家だ。
 それは、世界最年少で7summitsを登頂したとか、与えられた称号からではなく、どんなに肉体が過酷な状況にあろうと、その遥か先にあるだろう何か未知なものに対して、いつも貪欲でありつづけられる人だからだと思う。指先が凍りそうな北極でのソリ引きや、砂漠での焼け付く太陽のもと走り続けるバイクライドや、暴風吹き荒れるパタゴニアの平原を一歩一歩すすむ姿。

 あたたかい窓の内側にいる私にも、そんな途方もない冒険に思いを馳せさせてくれる一冊。
[PR]
# by tropi-kana | 2007-10-02 16:01 |

師からの便り

わたしが師と呼ぶその人は、銀座3丁目の奥の方、もしくは新富町付近に棲んでいる。
f0119023_1492879.jpg


師は、とても穏やかな人で写真にはいつも真剣で、そして呑みだすとけっこう話がながい。
そんな師からお便りを頂いた。先日銀座であった師の写真展で発表した写真から一点を葉書仕立てにし、決して長くはないけど、あたたかいメッセージが添えてあった。

 どこにいてもよい風がふいてますように。



そんな風に励まされた気がして、とても心強くなった。
[PR]
# by tropi-kana | 2007-10-01 14:11 | ひとりごと
日本に帰ってきてから主に何をしているかといわれれば、わたしはかなりの時間を本を読むという行為に費やしている。

 自分の生活圏から離れた時に、音楽, 映像,活字の中からだと私の場合一番恋しくなのは、活字である。たったの一年ではあるが、そのブランク(渇きといってもいいとおもう)を埋めるべく、3日と空けず図書館に通い、ごっそり本をかりてきて読みふけたのが今年の夏だった。 

 たくさんの良書に出会った。
その中でも印象深いのは、大好きなブラジルの作家 パウロ・コエーリョの作品たち。彼は、世界中で読み継がれているあの「アルケミスト」 の作者であって知っている人も多いとおもう。
f0119023_1053450.jpg

 今回とりあげるのは「11分間」という彼の新しい作品。
これまでの読者を失望させるかもしれないが、書かずにはいられなかったという。

文明がおこってから、どこの世界にもかならず存在する売春婦という存在に光をあてたこの作品。切り口は全く違うけど、他の作品を同じくらいあたたかく、人間の本質にせまっていると感じた一冊。


 11分間
 パウロ・コエーリョ  旦 敬介訳  角川書店
[PR]
# by tropi-kana | 2007-09-29 10:56 |

宿命をぶちやぶれ

なんだか不思議なところへ旅してきました。

電車をのりつぎのりつぎ、無人駅をいくつもいくつも超えていったところにそれはあります。
養老天命反転地 Site of Reversible Destiny-Yoro Park

そこが何をするところかもよくわからないまま、てくてく山道をのぼっていくと、奇妙な形の創造物のある丘が見えてくる。中に踏み入れると、なんだかいつもの目線でものを追えないことにきづく。足もとの地面もフラットでないし、目の前にひろがる景色も、(木々を除いては、)垂直、平面といういつもの90度から形作られるあの世界がなくなっているから。
 へんてこな家、に入ってみる。

使用法: *何度か家を入ったりし、その都度ちがった入り口を通ること。
f0119023_13353774.jpg

           
へんてこへんてこ。
f0119023_13365566.jpg

f0119023_1339922.jpg


理解することをやめて、手足をつかってさがしまわる。
家をでると、目の前には巨大なすり鉢型のフィールドがあった。ここもどんどん自分のバランスをうしなっていくのだが、なんだかそれが心地よくなっていく。
f0119023_134008.jpg


 自分自身であたらしいバランスを構築しては、くずされ、くずされ。

こどもは、そういうことに慣れているから、調節がとっても上手。





”養老天命反転地”
荒川修作+マドリン・ギンズのアートプロジェクト。
身体がもう可能性を、身体に作用する「環境=建築」とでもって、「死」を前提とした消極的な生き方を改め、古い常識を覆すことが必要だとし、この死にいたる「宿命(天命)」を反転することが必要だとするコンセプト。
[PR]
# by tropi-kana | 2007-09-25 13:42 |

くりくりぼうず

無花果についでの秋の味覚は”栗”
f0119023_1736757.jpg

家からちょっと歩くと、栗林があって夏の間は黄緑だったイガイガも、いい茶色になってきました。ただ、どなたかの私有地なので勝手に採るわけにはいきません。(当たり前ですね。)
 きちんとお店で買い求めました。

栗といってまっさきに思いつくのは、栗ごはん。
この日のために、餅米もあわせてゲットです。

はじめての栗ごはんに挑戦。皮むきが大変だなぁと尻込みしていましたが、
なんともいいレシピを発見。 なんと冷凍するのがポイントだとか!

簡単、ほっくり栗ごはんのつくりかた
[PR]
# by tropi-kana | 2007-09-23 17:39 | おいしいもの

秋の風がふいたから

きのうの晩、パートナーがギターで練習しているのを聴いて大好きになってしまったバンド。
Death Cab for Cutie   語りかけるような声と、すこし懐かしい旋律。でも歌詞はけっこう深くて。


f0119023_1324820.jpg

アコースティックな感じの音楽が好きな人にはぜひお勧めしたいバンド。
(Jack Johnsonみたいに既に超有名な人で 何をいまさら?って感じだったら,ちょっと恥ずかしいな..)

Death Cab for Cutie 
"I Will Follow You Into The Dark" youtubeで聴けます。
[PR]
# by tropi-kana | 2007-09-21 12:23 | Music